韓国留学の部屋探し徹底比較!【シェアハウス/ワンルーム/寮/下宿/ホームステイ】おすすめは?

韓国留学の部屋探し徹底比較!【シェアハウス/ワンルーム/寮/下宿/ホームステイ】おすすめは?

韓国留学の部屋探し。どこにすればいいのか迷いますよね。

韓国の大学にある語学学校の語学堂であれば、大学の学生が住んでいる学生寮という選択肢もあります。他にはご飯付きの下宿、日本で言うワンルームのようなコシウォンやコシテルという学生向けの部屋もあれば、最近では日本でも人気のシェアハウスと言うのもあります。韓国にいる家族の内で一緒に過ごすホームステイという方法もあります。

韓国留学は当然、韓国で生活をするということなので、部屋探しはとても大切です。でも、いろんな選択肢があって迷ってしまいますよね。どのタイプが韓国留学には適しているのでしょうか。家賃は?食事は?家具・家電は?契約はどうすればいいの??わからないことがたくさんありますよね。

そこで今回は、韓国留学の部屋探しを徹底比較!費用からその施設の特徴、メリット・デメリットを調べて、あなたにぴったりのおすすめを探してみたいと思います。

韓国留学の部屋探し徹底比較!

韓国留学はほとんどの人が、韓国に行く前に部屋探しをしないといけません。

語学堂の中にある学校の寮、韓国の学生が多く利用しているコシウォン・コシテルという学生向けワンルームタイプ、下宿にホームステイという選択肢もあります。
韓国留学エージェントでもたくさんのタイプを紹介してくれるはずですが、いろんなタイプがあってどれが自分に合うのか迷ってしまいます。

韓国留学の部屋探しって家賃の他に何を調べておけばいいの?
大学の学生寮はルールとか厳しいのかな?
ワンルームに住んで自分で食事準備できるかな?
ホームステイではどんな生活になるんだろう…
下宿では韓国語を使う機会があるのかな?
物件や契約、保証金って何?

それぞれの施設がどんな設備になっていて、どんなメリット・デメリットがあるのかということも調べないといけませんし、それぞれどのように申し込みをして契約をして、どんなものを日本から持って行って、韓国の現地で調達すればいいのかなどなど。韓国留学中の生活の基盤となる部屋探しはとても重要です。

高い費用を書ければ当然設備は充実したところを選べますが、留学中は何かとお金がかかるもの。できれば必要最低限でお金は節約できるに越したことはありません。また韓国留学中は韓国語の勉強もしなくてはいけないですし、せっかくならばいろんな人とかかわりを持ち、韓国語が上達する環境を選びたいというのも本音です。

しかし、生活に不自由があって、家でくつろげなかったり、不便なことが多ければ勉強にも集中できないという本末転倒なことになっては困ります。

そこで今回は、まず韓国留学で自分に合った部屋探しをするために、どんな部屋があって、それぞれどんな特徴・メリット・デメリットがあるのか、契約や家賃はどれくらいが目安なのかを調べて見たいと思います。それぞれのタイプでおすすめのポイントがあります。いろんな種類を知り、比較検討することで自分にぴったりの部屋探しをしましょう。

■関連韓国留学記事
韓国留学の費用が知りたい!学費や生活費の値段を徹底リサーチ!

韓国留学では住居選びが成功のカギ?!

まず、韓国留学での部屋探しをする前にしっかり家賃の予算と、自分の譲れない条件を整理しておきましょう。
一般的な韓国留学の家賃は一か月に5万円~13万円程度が相場だと言われていますが、相場だと言われてもとても開きがありますよね。

イメージがつかめないという人は、日本での学生の一人暮らしを思い浮かべてみましょう。日本と韓国は物価にそれほど開きはありません。家賃にしても食費・生活費・消耗品でも大体が日本と同じような感覚で考えて大丈夫です。留学先がソウルならば、それ以外の地方の方が少し相場は下がりますし、設備が整ったところに行けばそれだけ家賃も上がります。

そして部屋によっては最初に保証金を預けて、出る時に返却される日本の敷金のような契約が必要なところもあります。

予算でまず選べる部屋の選択肢が決まってくると思います。それに合わせて、毎日の食事、洗濯、自分の勉強のスタイル、他の人との共同生活などなど。韓国留学中はできるだけいろんな人と積極的に交流する機会を持ちたいのか、静かに勉強できる環境を必ず確保したいのかそういったこともじっくり考えてみましょう。

1つ、食事ですが日本だと一人暮らしと言えば節約や栄養のバランスのことを考えて自炊が良いのではと考えている人もいるかもしれませんが、韓国留学での生活では日本よりも食事に関しては留学中は外食で、自炊はたまにカップラーメンでという人が多いということは情報として知っておきましょう。語学堂は大学の中にあるので学食が利用できます。学食はお財布にも優しいですし、韓国の学食は日本よりも定食スタイルが主流で一品を選ぶというよりも、ご飯にメインの数、汁物、野菜(キムチスタイル)がセットになるスタイルが多いです。

街に出ても学生街であれば安くて美味しいものが食べられますし、留学中の限られた期間だけ自炊の為に食器や家電をそろえるよりも、メニューをきちんと選べば自炊でも十分充実した食生活が送ることが出来ます。なので、食事に関しては実は自炊のできる設備が整っているところと言うのは意外に設備としては優先度が低いという特徴があります。そのことを頭において設備を選びましょう。

チェックしたい項目(自分が必要かどうかも考えましょう)

・個室なのか
・シャワー(風呂)、トイレ、台所は専用か共同か
・Wi-Fi環境はあるか
・家具(机、ベッド、布団など)があるのか
・自炊の為の設備(コンロやポット、食器、炊飯器など)
・洗濯機の使い方
・生活のルール(門限・掃除など)
・費用(家賃以外に光熱費、通信費、暖房費などがかからないか)
・契約・解約の手続き方法

LINE@追加

韓国留学部屋探し【1】シェアハウス

まず、最近の韓国留学の部屋探しで人気なのがシェアハウスです。いろんな人が共同で生活を行う宿泊先です。

メリットは、現地の韓国人の人と交流が持てる、比較的新しい住居タイプなので設備がキレイであることが挙げられるでしょう。家賃的にはピンキリで、いいところは高いですし、安さを重視するのであれば必要最低限のという風に選ぶことが出来ます。

デメリットとしては、韓国人の人も利用する部屋で外国人がメインではなく、韓国語ができないと意思疎通でトラブルが起こる可能性がある、知らない人との共同生活のなので人間関係にリスクがある、共同生活ならではのルールが施設ごとにある、プライベートな空間、時間を確保しにくいかもしれないなどでしょう。

短期間で手軽・身軽に生活をしたい、一人よりも多くの人とかかわりを持ちたいという人には向いているかもしれませんね。申し込み、契約は新しい施設なのでインターネットで事前に情報も集めやすいです。留学エージェントを通して契約もできますし、韓国現地で日本の会社が運営しているシェアハウスも増えてきているそうです。立地も江南(カンナム)など都心のにぎやかなところを中心に市街地に多く集まっています。

お風呂、台所、トイレなどは共同、掃除は自分たちで、もしくは契約としてスタッフの人がやってもらえるところもあります。

■関連韓国留学記事
韓国留学の間の携帯・スマホはどうする?Wi-fi、SIMカードなど必要な契約とその費用は?

韓国留学部屋探し【2】ワンルーム(コシウォン・コシテル)

次は韓国留学の部屋探しとして人気なのがワンルーム(コシウォン・コシテル)でしょう。

こちらは生活空間をしっかり自分一人で確保したいというスタイルの人に人気です。まず、ワンルームですが、日本の一人暮らしと同じような感覚に近いです。部屋を借りるということなので、家具や家電、布団に食器など生活必需品は基本的に自分でそろえる必要があります。家賃も日本と変わりません。しかし、韓国の場合ワンルームだと最初の補償金が100万円と高額なことも多いです。長期の留学でしっかり自分の生活スタイルを確保したいという人にはおすすめです。

一人で暮らしたいけど費用を抑えたい、ある程度学生向けで質素でよいという人は、コシウォン・コシテルが人気です。こちらは昔から韓国の学生向けに多くあるので大学の周りにはたくさんあり、選択肢も広く、しかも費用は安いです。勉強に集中するための部屋として、受験生、浪人生が多く利用するため、勉強机や洗濯機など最低限はそろっているというタイプが一般的です。勉強のための部屋ということで静かです。期間限定だけどしっかり勉強して一人で過ごしたいという人にはおすすめです。

メリットは、勉強に集中できる、プライベートな空間が確保できる、数も多いので選択肢が広く予算などの条件もかなえやすいこと、デメリットとしては、寂しい、ちょっと閉鎖的、古いところも多く、設備に関しては必要最低限なのでしっかり事前に条件を調べておくことが重要です。

韓国留学部屋探し【3】寮

次の韓国留学の部屋探しで検討しておかなければいけないのが、学生寮でしょう。(もちろんない語学堂もあります)メリットとしては何よりも学校の設備なので安心ですし、料金も比較的安い、外国人留学生にも慣れています。設備もあらかじめ整っているので、身軽に入れます。また学校からも近く、常に学生が周りにいるので、にぎやかで人との交流の機会も豊富です。韓国語に自信がない、一人暮らし自体に不安があるという人にはお勧めです。契約も他の部屋ほど複雑ではないので1週間~1ヵ月という短期間であれば契約もシンプルで済みます。

部屋は個室もあれば、二人部屋、三人部屋とタイプも様々。そこはしっかり条件を調べておく必要がありますね。

デメリットとして、同じ学生との生活に限られる、プライベートな空間、時間が確保できるかは設備次第、掃除や門限、設備の使い方などに規定があるということでしょう。長期の韓国留学の場合、はじめは学生寮で過ごして、韓国語に自信がついたらそこを出て他を探すという人もいます。まずは安心してしっかり勉強に集中し、学校以外でも身近に友達を作りたいということであれば学生寮が安心かもしれませんね。

■関連韓国留学記事
韓国留学への持ち物リスト!必須のいるものからあると便利レベルまでを網羅!

韓国留学部屋探し【4】下宿

次の韓国留学の部屋探しのタイプとしては下宿です。韓国語では하숙(ハスク)といい、朝ご飯と晩御飯の世話をしてくれる住居です。洗濯もしてもらえるところもあります。

部屋は個室で、シャワーやトイレなどは共同なのが一般的。同じ建物の中に個室がいくつかあり、何人かの学生さんや受験勉強中の浪人生さんと一緒に大家さんである家族が暮らしているという感じです。部屋を間借りするような感覚です。今の日本の一人暮らしではあまりない形態かもしれませんね。

大学の近くに多くあり、勉強に集中したい、ご飯はしっかり食べたいという人には安くておすすめです。また、ご飯の世話をしてくれる大家さんや一緒に暮らす学生さん達との交流もあるのがメリットです。外食での食費を考えるとリーズナブルで手間もありません。

デメリットとしてはメニューや食事の時間が決まっていること、食事がいらない時が続くと割高になる、大家さんとのコミュニケーションが面倒な事が挙げられるでしょうか。

部屋の家具などがそろっているか、Wi-Fi環境があるのかなどはその下宿時次第ですので、事前に条件はしっかり確認しましょう。

家賃や契約については学校やエージェントからの紹介もあれば直接掲示板などを通じてということも多いようです。大学の近くには建物の前に、「下宿募集」などの張り紙があるということもよく見られます。

個人で契約する場合には、しっかり家賃、契約の形態、設備、生活ルールの規定などを確認して行うようにしましょう。

韓国留学部屋探し【5】ホームステイ

最後の韓国留学の部屋探しのタイプとしてはホームステイがあります。英語圏やヨーロッパなどでの留学ではメジャーかもしれませんね。どんな家族のもとにホームステイすることになるのかはわかりません。小さい子供がいるのか、おじいさんおばあさんがいるのか、部屋はどんなものなのか、ご飯の時間やシャワーの使い方、門限などのルールはどうなるのか、すべてはホストファミリーに従うこととなります。

家族の一員として部屋を借りて一緒に生活を共にするので、韓国語を使う機会は増えますし、じっくり生活を通して交流が出来るのがメリットです。留学中はホストとして、保護者変わりとなりサポートが期待できるでしょう。しかし、家族との相性の問題などが考えられます。

一人暮らしが初めてや不安な人、まだ年齢が若い人、じっくり一般の韓国の家庭の生活を味わいたいという人には人気です。

ホームステイの場合、個人で受け入れの交渉をして契約をするというよりも、海外留学生のホームステイ希望者とのマッチングを管理している団体を通じて申し込むことが多いでしょう。もちろん謝礼も必要で、事前に提示されていることが多いです。

■関連韓国留学記事
韓国留学にはクレジットカードは必要?おすすめは?デビットカードは使えるの?

韓国留学の部屋探し徹底比較!まとめ

韓国留学の部屋探しを徹底比較!ということで、シェアハウス、ワンルーム、寮、下宿、ホームステイについて調べて見ました。

日本でもそうですが、慣れない知らない場所で生活する部屋を探すというのは本当に大変なことですね。韓国語に自信がないとなると余計に不安になるものです。

安心して、安全に快適に韓国留学生活を送るためにもまずは、不安になることは極力なくすためきちんと情報を整理しておきましょう。

自分が一人暮らしをするとなったときに優先したい、譲れないポイント

・事前にしっかり自分の希望する条件を整理しておくこと
・予算は十分に余裕を持って事前に用意しておくこと、
・施設の規定やルール、別途の料金体系なども調べておくこと、
・契約、解約の契約についても調べておくこと

個人で探して契約することも可能ですが、まずは信頼のできる留学エージェントを通じて、自分の希望に合った部屋はどんなものなのか、そしてどんなサポートが受けられるのかも確認しながら進めていきましょう。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 韓国留学のプレゼント!もらって嬉しい!あげて喜ばれる友達へおすすめのプレゼントは?

  2. 安い韓国留学のために知っておきたい【格安あれこれ】航空券・Wi-Fi・住居・保険など

  3. 韓国留学で布団はどうする?韓国留学の新生活費用や現地調達品について調査!

  4. 韓国留学にはクレジットカードは必要?おすすめは?デビットカードは使えるの?

  5. 韓国留学中に彼氏・彼女はできる?日本人留学生の恋愛事情を調査!

  6. 韓国留学に人気の大学・語学堂の特徴やロケーションご紹介!【延世・ソウル・梨花女子・釜山・キョンヒ大学他】

  7. 韓国留学中の日本人はどう見られる?日本人同士の付き合い方は?

  8. 【安い!手軽!】韓国・プチ留学を徹底解説!人気の理由・費用・おすすめの学校も紹介!

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP