韓国留学の持ち物リスト!必須アイテムから便利アイテムまで韓国留学の持ち物をご紹介!

韓国留学の持ち物リスト!必須アイテムから便利アイテムまで韓国留学の持ち物をご紹介!

韓国留学に行くとき、日本から持っていくべき持ち物、どうしよう?

旅行と違い長い期間の滞在となる韓国留学。韓国は身近ですがやはり外国です。何があるかわかりません。どんな物が必要となるのか、現地に行ってから困らないように万全に準備して持ち物を精査する必要がありますね。

逆に荷物には限りがありますので、持って行って邪魔になった、使わなかった、必要なかったという持ち物があるとすれば、どんなものがあったのか知っておけば、思い切ってもっていかないという選択もできそうです。

貴重な韓国留学の機会をトラブルなく安心に、そして快適に過ごすために、持ち物リストで事前にしっかりチェックしておきましょう!

韓国留学への持ち物を完全網羅!

「外国に住むということで日本から持っていくべき持ち物って何だろう?」
「韓国には旅行には行ったことがあるけど留学となると生活だからどんな持ち物が必要なのか心配…」
「お金はなるべく節約したい!日本から持って行って便利な役立つグッズは何?」
「韓国で買った方が安いし便利なものは?」

韓国留学の出発前は、どんなものをスーツケースに入れていくべきか、また持っていかなくても大丈夫なものは?などなど。いろいろ頭を悩ませるものです。

留学となると、生活なので何かと物入り。日本から必要なものを詰め込むと荷物はすぐにいっぱいになってしまいます。でも飛行機で持っていける荷物は限られていますし、何でもかんでも持っていくとなると逆に高くつく、荷物が重いというだけで公開した何て言う話も聞かれます。

本当に必要なものだけ厳選して、現地で困ることが無いように、そしてなるべく荷物を少なく、そして現地に行ってお金を無駄にせずに済むようにしっかりそろえていきたいですよね。

そんな韓国留学出発前にチェックしていただきたい持ち物リストをまとめました。また、「〇〇って持っていくべき?韓国現地で買うべき?」と悩ましい持ち物についてもどのように選ぶのが良いのかなどもご紹介。是非、荷造りの参考にしてみて下さい。

韓国留学への持ち物!必須・死守の5アイテム!

まずは、基本中の基本、韓国留学に限らず、海外に行くときには必須の死守アイテム5つをおさらいしておきましょう。

パスポート

パスポートがないと、韓国に行けません。また無いと日本に帰れません。万が一なくしてしまったということになると、大使館に行って再発行の手続きをしないといけないなどとても面倒なことになり、お金も時間もかかります。忘れないようにすることはもちろん、留学中もしっかり保管しておきましょう。

また、有効期間も要チェック!確実に確認しておきましょう。

携帯・スマホ

携帯、スマホは韓国留学中もいつも肌身離さず持ち歩く大切なアイテムとなるでしょう。韓国で仕入れるということも可能ですが、ちゃんとインターネット環境(wifi環境)さえ整っていれば、日本で使っている携帯がそのまま韓国でも使えるとことがほとんど。日本にいる家族や友人との大切な連絡ツールにもなりますし、翻訳アプリ、地図アプリ、SNSアプリも韓国留学中にとても心強い味方になります。

自分の携帯がそのまま韓国でも使えるのかは、本体や韓国での環境にもよりますので、のちほど詳しくご紹介します。まずは、忘れないように持っていくというものとして覚えておいてください。

現金

次はやはりお金です。現金は、日本円と韓国ウォン両方が必要です。留学に行って最初は何かとそろえるものがあるということで現金が必要になる場面が多いと思いますので、多めに持っておくと安心でしょう。日本円は帰国の時の為ということもありますが、いざと言うとき韓国内で両替もできるので、無理に全部を韓国ウォンに最初からする必要はありません。

どちらかと言うと、韓国内で必要な時に現金をどうやって手に入れるかのルートをしっかり確認しておきましょう。クレジットカードを持っているから安心だとは言え、現金が必要な場面ももちろんあります。お金がなければたちまち生活には困ってしまいます。長い留学期間はお金の管理がとても大切です。計画的に使うことはもちろん、現金をきちんと安全な方法で管理できるようにしておきましょう。

クレジットカード

先ほどの現金にも通じますが、韓国では日本以上に電子マネー化、クレジットカード決済ができるところが進んでいるので、クレジットカードはとても便利です。むしろ大量に現金を持ち歩くより、日本の銀行口座に留学資金の大半を凍てれおいて、そこからの引き落としにしてあるクレジットカードで生活をするというスタイルが一般的でしょう。

普段日本でもクレジットカードを使っている人でも海外での生活になるので、利用限度額や万が一紛失した時のカード停止の手続き方法、再発行の連絡先など。普段以上にしっかりクレジットカード周りはチェックしておきましょう。

保険証書

韓国留学に行く人は海外留学保険に加入することをおすすめします。長期留学の場合は必須になっている学校も多いです。滞在期間や保証額などは人によって最適なものを選びましょう。そしてその保険も入りっぱなしではいざと言うときに使うのに困ります。

保険証書をしっかり持っていくことはもちろん、実際に使う場合はどうするのかもチェックしたうえで持っていくようにしてください。

韓国留学中のトラブル回避のための持ち物・準備

次に長い韓国留学生活でのトラブルを回避するために是非とも持ち物に加えておかなければならない持ち物や準備物をご紹介します。

バッテリー

これは携帯やスマホのバッテリーです。携帯・スマホは必須の持ち物としてご紹介しましたが、バッテリーがなければ何もなりませんね。もちろん韓国でも買えますが、意外と値が張りますし、たちまち韓国現地に到着してからもすぐに必要です。日本からきちんとしたバッテリーを持っていくことをおすすめします。充電用のケーブルも必要ですが、コンセントのアダプタは日本と韓国では異なるので、変換アダプタも一緒に持っていきましょう。

常備薬

次に、常備薬です。長い留学期間中、体調管理も大切です。日本のようになかなか気軽に病院に行くことも難しいですし、また病院に行ってもうまく症状を韓国語でお医者さんに伝えることも難しいでしょう。

普段から飲んでいる薬は、必ず持っていきましょう。そして持病がある人や良くかかる病気がある人、体に不安がある人は薬だけでなくいざと言うときに、韓国語で説明ができるようにメモを持ち歩く、もしくはスマホですぐ見れるようにしておくなどの準備も忘れずにしておきましょう。韓国でも薬局がたくさんあり、買うこともできますが、胃腸薬、頭痛薬(とんぷく)、風邪薬などは持っておくと安心です。

セキュリティーグッズ(鍵や貴重品ポーチなど)

次にご紹介したいのはセキュリティーグッズです。とはいえ、大げさな金庫や鍵を用意する必要まではほとんどの場合、ないでしょう。しかし、ちょっとした番号でロックができる鍵や、貴重品を保管できる貴重品ポーチなどはあると便利です。防犯の意味もありますし、紛失の予防にもなります。

パスポートや現金、クレジットカードの入っている財布など韓国に行ってから何となくここにしまっておこうではなく、きちんと考えてから出発できると安心ですね。

連絡先リスト

最後に連絡先リストを作って持っていきましょう。日本の家族、友達、韓国で訪ねる友達や施設、お店もそうですが、体調を崩したときの病院、クレジットカード停止などの連絡先、大使館、航空券チケットの連絡先なども必要です。

また、忘れがちなのが日本の家族への連絡先リストを渡しておくことです。韓国での滞在先の住所、学校の連絡先などはいざと言うときに日本の家族が困らないようにあらかじめきちんとリストとして整理して渡しておきましょう。

韓国留学の持ち物チェックの前の準備チェックリスト

さて、これまでは必ず持っていかなければならない重要度の高い持ち物についてご紹介をしてきました。いわば、これらは当たり前の持ち物、準備ということで漏れが内容に確認をするということで、皆さんも忘れているものはなかったかと思います。

問題は、その次。持って行った方がよいというレベルで、持ち物を厳選していくのが次の作業ですよね。日本で手に入る大概のものは韓国でも買えますが、持ち物に加えた方がいい物、韓国現地で手配した方がいい物が知りたいですよね。

次は、具体的にそういった持って行った方がよいものを見ていきましょう。その為に準備チェックをしてみましょう。次の環境・設備の有無によって持って行った方が良い物、必要ないものがずいぶん整理できるはずです。また、持ち物には影響が少ないけど、知っておくと現地での生活のイメージが具体的につくというポイントも合わせてご紹介します。

学校、住居のwifi環境の有無

まずは学校、住居のwifi環境の有無です。これは必須の持ち物の携帯・スマホを使うためにとても大切なポイントです。実はwifi環境が十分であれば、日本で使っているスマホをネットにつなぐだけで、特に韓国でネット環境を契約する必要はないという結論になる人も多いはずなんです。(もしくは必要に応じてポケットwifiを契約するなど節約ができることもあります)

短い期間の留学であれば、一番多く時間を過ごす学校と住居を中心にwifi環境が充実していれば無理に契約をする必要はないかもしれません。電話はかけられませんがネットが繋がればLINEやTwitter、インスタグラムなどのSNSは問題なくできるからです。

自分に合った必要な環境を見極めるためにも、必ず学校、住居のwifi環境、そして自分の使っている携帯・スマホが韓国でも使えるタイプのものかどうかなどを事前にチェックしておきましょう。

詳しくはこちらもご覧ください。

■関連韓国留学記事
韓国留学の間の携帯・スマホはどうする?Wi-fi、SIMカードなど必要な契約とその費用は?

台所・自炊スペースの有無

次は、台所や自炊スペースの有無です。台所と言って、簡単なコンロが一つだけと言うところもあれば、備え付けの食器や包丁・鍋などの調理器具は使い放題と言うところまでさまざま。もちろんそろっている方が望ましいですが、やはり設備が整っていると月々の家賃が高くなる傾向は否めません。

外食でも韓国は比較的安いし、栄養のバランスも整っているので留学中は思い切って、自炊はしない!韓国の街の食堂や学食の外食オンリーという選択をする人も多いです。

自炊ができるなら日本からかさばらないちょっとした食料を持っていきたいですよね。自分が韓国の食事がどうしてものどを通らない時に役立ちますし、海外留学生同士、自分の国の料理をふるまうパーティーなんかは留学中の定番なので役にも立ちます。日本の食材は比較的韓国でも美味しいものが手に入りますが、割高なので自分用にたくさんほしい人は荷物に入れておきましょう。

梅干し、ふりかけ、ワサビ、しょうゆ、ソースなどは、一時帰国の学生からリクエストが多い食材と言われています。

冷蔵庫、電子レンジの有無

台所、自炊スペースとも関係しますが、冷蔵庫や電子レンジがあるかも確認しておきたいですね。個室に専用であるのか、共用で使えるのかなども忘れずにチェックです。
冷蔵庫や電子レンジはあれば便利ということで、特に持ち物には影響は少ないのですが、事前に知っておくことでずいぶん生活のイメージがつきます。現地での生活の感覚を把握するためにもしっかり調べておきましょう。

電子レンジが使えるなら、100均で売られている袋のインスタントラーメンが作れるグッズが便利だったという声があります。

洗濯機環境

次に洗濯機環境。こちらも事前にチェックしておきたい大事な生活環境ですよね。たいてい共用が多いでしょう。使うときのルール(時間や洗剤、干す場所など)を調べておきましょう。

シャワー・トイレ環境

コシウォン・コシテルではユニットバスタイプでシャワーとトイレが一緒だけど個室に併設されているというところが増えているようですね。もちろん共同のところも多いです。共用の場合トイレットペーパーは自分で毎回持っていくスタイルが一般的です。

専用の場合は、最低限の掃除は自分で行う必要があるので、現地でそろえましょう。

学校と住居間の交通ルート

留学のメインはやはり学校です。通学ルートは事前にきちんと把握しておきましょう。電車やバスで通うのか?徒歩で通える範囲なのか?夜は危なくないか?

交通機関を利用する場合、お金も気になります。長期滞在の場合は韓国のICカードを作りましょう。ほとんど現金で払っている人がいないくらい韓国では当たり前です。

変圧器、変換アダプタ―の有無

これは日本からパソコンやドライヤー、髭剃りなど電子機器を持っていく場合に忘れずにチェックしましょう。パソコンやドライヤーなどは海外でもそのまま使えるタイプが多いので、その場合はコンセントの挿し口だけを変えられるアダプターがあればOKです。

特別な機器で電話栂変わると使えないものに関しては変圧器が必要ですが、変圧器は割と高い買い物です。本当に必要かどうかじっくり考えましょう。留学期間中だけは韓国で安いのを買ってすますという方法もあります。

布団の有無

次は布団の有無です。韓国留学では布団は自分で買うケースが多いです。ただ、すぐにでも必要なものなので、寮やコシウォン・コシテルによってはその場で変えたり、備え付けがあったりすることも多いようです。

韓国の場合、布団はオールシーズン同じものを使います。冬ではオンドルと言う床暖房が完備されていることがほとんどで、暖かい床に布団を敷いて寝るので季節ごとで布団を買い替えたり、毛布などを買い足す必要はほとんどないでしょう。

でも、布団を自分で用意する必要がある場合、付いてすぐに買いに行かないと夜になってお店が探せなくて、初日は布団無しで眠ることになったなんて話はよくあるので気を付けましょう。

■関連韓国留学記事
韓国留学の費用1ヵ月分はいくら?語学堂の費用や生活費・物価を調査!

韓国留学の学校や勉強のために準備しておきたい持ち物

それでは持ち物についてもっと詳しく見ていきましょう。次は、学校で勉強をするのに準備しておきたい持ち物は何かを見ていきましょう。韓国の語学堂などの学校では基本的にテキストや教材は提供されるので、最低限の筆記用具だけあれば事足りるはずですが、どんなものがあれば便利なのでしょうか。

筆記用具は必須の持ち物?

まずは、筆記用具です。シャーペン、消しゴム、ノートなど。特に持ち物にこだわりがない人は韓国で買っても良いでしょう。ただ、学校が始まるまでの日程に余裕がない人は少しくらい持っていくとよいでしょう。

ただ、普段文房具にこだわりがある人は、せっかくの留学中の勉強の効率が落ちては元も子もありませんので、持ち物に加えましょう。日本の文房具は世界的に見ても上質なことでも知られています。勉強のモチベーションを上げるためにも、あえてこだわりを持っていくのも良いかもしれませんよ。

暗記グッズや、フリクションペン(こすって消せるペン)、自分の使いやすいサイズのノートなど、案外恋しくなるという人も少なくないそうですよ。

辞書は必須の持ち物?

次に語学留学で必要となるのが辞書です。しかし分厚い本の辞書を持っていくのはちょっとどうかなと悩ましく思っている人もいるでしょう。

しかし、韓国留学が長期の人や、上級のレベルの人は一冊あっても良いかもしれません。上級になればなるほど、一つの単語の意味(和訳)が一言だけでは物足りなくなってくる、より深く韓国語を理解するために、いくつかの和訳や関連単語、類似語、例文を見たいとなってくるからです。

スマホアプリやWEB翻訳での辞書もそういった使い方をすることも可能ですが、バッテーリーも心配です。荷物になるのが心配だという人は、本格的に韓国語を勉強するという意気込みを込めて電子辞書を手に入れるのもおすすめです。

でも、基本の会話や日常のコミュニケーションでの韓国語をどんどん伸ばしたいというタイミングの留学であれば、分厚い辞書はあまり出番がないという人もいるでしょう。自分の目的に合わせて持っていくかどうかを検討してください。

ノートパソコンは必須の持ち物?

次にパソコンを持っていくか悩んでいる人もいるかもしれません。動画を見たり、調べ物をしたりするのにはあるととても便利です。長いメールや撮った写真の管理なんかもスムーズです。
海外に持っていくということで、持ち運びや保管には注意して、自前のパソコンがある人は持っていくとよいのではないでしょうか。

Wifi環境やコンセントの変換アダプタはお忘れなく。

韓国留学中の生活に役立つ持ち物

次に、こまごました生活雑貨について、日本から持っていく方がよいのか、現地で調達するのが良いのかなど悩ましい物を見てみましょう。生活に役立つグッズもご紹介します。

化粧品・整髪料は必須の持ち物?

まず、毎日使う化粧品や整髪料など身だしなみに使うグッズです。こちらは必要最低限、旅行用の小さいセットなどを持っていくようにしましょう。

自分の肌にしか使えない特別なものがある人は仕方ありませんが、たいていのものが大丈夫というのであれば、韓国でも質の良いものが日本と同じ価格帯で手に入ります。特にコスメは、日本でも韓流コスメがブームになるくらいなので、日本人の肌にも合うし、とても良いものが多いです。

最初、韓国語に自信がなく、買い物が心配と言う人はスマホのカメラアプリなどを利用して成分や使用法をしっかりチェックしましょう。でも、たいていパッケージにはおなじみの英語表記もされていますし、日本でもおなじみの商品も数多く販売されています。

中には出発前の日本空港の免税店で、どっさりお得に日本製の化粧品を免税価格で買い込んで留学に行くという海外旅行上級者の人もいます。

シャンプーやタオルは必須の持ち物?

シャンプーやタオルなども化粧品と同じです。必要最低限だけは持ち物に入れておき、必要なものは現地で買い足すというのがおすすめです。到着した日に買い物に行く時間がないということも考えて、ちょっとだけ持っていくで十分ではないでしょうか。

生理用品は必須の持ち物?

女性に限定されますが、生理用品はどうしましょうか。韓国に限らず、海外旅行には生理用品を日本のものを買って持っていくという人が多いという話をよく聞きます。

しかし韓国製を使ったことがある女性に聞いてもほとんどの人が特に韓国製でも日本製と比べて遜色はない、特に問題はないというでしょう。あまり価格の安すぎるものはちょっと心配した方がよいこともありますが、韓国で買っても特に不便はないと思います。普段通り、もしもの時のために少しは携帯し、現地で買って常備しておくというスタイルで大丈夫だと思います。

日本食は必須の持ち物?

次は日本食です。長い海外生活では、日本のご飯が恋しくなることが心配されますが、韓国留学ではどうでしょうか。まず、「白いご飯」は心配ありません。韓国でも美味しい白いご飯が食べられます。むしろ韓国留学では、ご飯よりおかずの方が恋しいという人が多いようです。

ただ、韓国留学は旅行と違って韓国の生活にどっぷりつかるというのも魅力なので、食料品はかさばらない必要最低限なものに絞って厳選しましょう。「どうしても〇〇が食べたい!」という場合は、市内の百貨店のデパ地下に行くと、韓国では日本の食材は値段がちょっと割高なことを我慢すればたいてい物もが手に入ります。今は日本式の生ラーメンも韓国でも人気のたくさん美味しいお店もあります。

ただ、案外「和食」よりもジャンクフードやケーキ、パンと言った洋食のラインナップが恋しくなるといった声もあるようです。

韓国留学で季節別に必要な持ち物とは?

次に、季節別の韓国留学の持ち物をチェックしましょう。韓国も日本と同じように四季がありいつのタイミングで滞在するのかによって必要な持ち物が変わってきます。基本的には日本と同じような季節ごとの服をそろえましょう。

水着は?

夏の韓国留学に水着が必要か?これはソウル市内の学校に通っているだけであればあまり出番はないでしょう。釜山や済州島など旅行に行く予定があるなら持って行っても良いかもしれません。

防寒具は韓国留学に持っていくのがおすすめ?

冬の防寒具はどうしましょう。体感的に冬の寒さは韓国の方が厳しいという人が多いです。冬はコートやマフラーなどの防寒具に加え、耳当て(イヤーマフラー)や手袋が欲しくなります。こちらはちょっと足を延ばして現地でショッピングしてみるのもいいのではないでしょうか。

ただし防寒具はかさばるので、滞在中に冬が終わるという人は荷物には入れにくいですよね。でも買うと意外にお金がかかるので、ちょっとは持っていく、そして現地で買い足すというのも賢い方法です。

韓国留学の持ち物で持って行ってよかったもの!

最後に、経験者ならでは!韓国中学の持ち物で持って行ってよかったものもご紹介します。

洗濯ロープ・洗濯ばさみ・洗濯ネット

まずは、洗濯ロープや洗濯ばさみ。洗濯ネットです。こまごまとしていて案外忘れがちですが、毎日のことなのであるとやはり洗濯には便利です。

しかも洗濯ロープや洗濯ばさみ、洗濯ネットは洗濯以外でも重宝する場面が多いそうです。ネットは服を収納、小分けするのにも使えるし、洗濯ロープなんかは家具を買いそろえるのが難しい留学中に、服を整理するのにも何かと便利なんだとか。洗濯ばさみは食べ物の袋を止めておくなどにも使えるという情報があります。

お土産

留学中は、韓国の人だけでなく世界中から韓国語を学びに来る海外の友達ができます。また、留学が終わればなかなか簡単に会えないという人にも出会う機会が増えるでしょう。

そんな時にちょっとした記念や感謝の気持ちとして、かさばらない日本のお土産があると気が利いているかもしれませんね。荷物の余裕があれば、少し持って行っても役に立つかもしれません。

小説、コミック・ガイドブック

韓国留学中、日本の活字が恋しくなるという人は、お気に入りを厳選して1,2冊スーツケースのすき間に入れておくと気分転換に役立ちます。また日本の漫画は韓国でも人気で大好きな人も多いので、話のネタに持っていくのもおすすめです。

またガイドブックは、韓国内での国内旅行を計画している人にはあると便利です。インターネットでも十分事足りますが、友達を眺めながら計画を練ったり、持ち歩いたりもできますし、観光目線で韓国を調べたいというタイミングでは活躍します。

正装(スーツやワンピース)

これは人によりますが、正装を意識した服を少しは荷物に入れておきましょう。留学中はビジネススーツや結婚式で着るようなワンピースまでは必要ない人が多いでしょうが、案外ちょっとおしゃれなお店に行くときや、目上の人が多い場所に行く機会など全くないとは言い切れません。

完全な正装でなくても、ジャケット程度でも、いざと言うときになくて買う羽目になるというのはもったいないですし、普段でもキレイ目な恰好として着れるものがあると安心です。

靴は何足も持っていく方がいいのでしょうか?基本的には履いていく1足に、余裕があればプラスでもう一つ。学校では基本カジュアルな装いで大丈夫なので合わせやすいのものがあれば便利です。でも、韓国で探すというのでも大丈夫でしょう。夏のサンダルやかさばるブーツなどはワンシーズンと割り切って韓国で仕入れるのもおすすめです。

カバン(リュック、小旅行用)

長期の留学となれば国内のちょっとした小旅行なんかを計画する人もいるかもしれません。留学には荷物をたくさん入れられる大きなスーツケースで行くでしょうが、かばんもちょっとバリエーションがあると便利です。

学校用のテキストやノートを入れる大き目のカバン、普段の買い物などの小さい鞄、旅行用のバッグなど。わざわざ買うのはちょっと気が引けますが、バッグの中で荷物を分ける用途でいくつかカバンを入れておくと便利ですよ。

韓国留学の持ち物を完全網羅!まとめ

韓国留学の持ち物を完全網羅!ということでいろんなポイントから持ち物を検証してみました。

韓国にどれくらいの期間滞在するのか、宿泊先の施設にどんな施設があるのかでも変わってきますが、悩ましいときは韓国での環境をじっくり調べなおすとヒントがありそうですね。荷物のチェックは慎重に丁寧に行って、現地で不安になることが無いように万全にしておきましょう。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 韓国留学を考えているなら説明会には絶対行くべき!事前にまとめておくべき確認のポイントとは?

  2. 【最新版!】最短で渡航可能なプランのご紹介✨

  3. 韓国留学の口コミのチェックポイント!費用・学校・授業・ビザ・部屋も!

  4. 現地スタッフの韓国レポート【第一戦、仁川編_その②】

  5. 韓国留学あるあるを言いたい!経験者が語る思わず笑ってしまうあるあるとは?

  6. 韓国留学の良いエージェントを選ぶ5つのポイント!自分に合ったおすすめエージェントを探そう!

  7. 国際郵便!留学前に韓国へ荷物を送る方法について

  8. https://smartstore.naver.com/manjouk/products/10305533357?NaPm=ct%3Dlxcv85qo%7Cci%3D39b46a6e02ee944eb754741a893d2c301370571e%7Ctr%3Dimg%7Csn%3D5419134%7Chk%3Da3ba6c1e696b5cb6192b87e8138b9e43fd4071a8

    今、韓国で食べたい夏グルメ!

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP