韓国留学のその後。韓国語の勉強の続け方や大学の進路に留学後のその後、仕事・就職はどうなる?

韓国留学の【その後】韓国語の勉強の続け方や大学の進路に仕事・就職は?

韓国留学に行った人はその後、韓国語を話せるようになってどうしているのでしょうか?

韓国留学に行って、もう話せるようになったら勉強の方法も変わったのでしょうか?また韓国留学の経験や韓国語を話せるようになったことを活かして、その後大学に進学したり、仕事や就職にはどんな影響があるのでしょうか。

韓国留学に行くとなれば、長い期間日本を離れることになります。その分、韓国で得るものは大きいことは期待したいですが、問題はその後ですよね。いろんな韓国留学に行った人のその後を調べて見ました。

韓国留学の【その後】

韓国留学の【その後】

韓国留学に行ったその後、みんなはどんな風に過ごしているのでしょうか。

「韓国留学に行って、韓国語は話せるようになったの?」
「日本に帰ってから韓国語の勉強の仕方は変わった?
「日本じゃなくて韓国の大学に入学する人もいるって本当?」
「学生の間に行って大学に何か影響はなかった?」
「就職活動で韓国留学の経験は評価された?」
「就職先や仕事で韓国留学の経験は役に立った?」

それぞれが韓国留学を終えて、その後生活や勉強、仕事や就職にどんな影響があったのか、とても気になります。

韓国留学のその後おすすめの韓国語勉強の方法は?

韓国留学のその後おすすめの韓国語勉強の方法は?

まず、韓国留学に行く大きな目的・理由として「韓国語を話せるようになりたい」という人が多いと思いますが、みんな韓国留学でそれは達成されるのでしょうか。

韓国留学と言っても、人によって期間も様々、出発する前にどれくらい勉強していたかもばらばら、そして同じ授業を受けていたとしてもどれくらい話せるようになるかも、いろいろです。

ですが、大体の人が語学留学にはあまり自信がない状態で行くというところから出見ると、多くの人が半年から1年で「日常会話には困らない程度」には自信がつくと感じることが多いようです。英語に比べるとなんだか短く思えて、これから韓国留学に行こうと思っている人は自信になりますね。またそれ以下の期間の人でもやはり韓国の現地でみっちり実践の場を経てきているので、手ごたえは感じるようです。

でも、どんな人でもやはり「もう完璧!」と感じることは少ないらしく、むしろ「もっと勉強しなきゃ」と思うそうです。さらに、「自分はもっとボキャブラリーを増やなくては」とか「ヒアリングはまだまだ」と具体的にもっとどういう点を勉強するべきなのかに気付くのだそうです。

効果の出る勉強の方法は人それぞれですが、韓国留学を経て韓国語にもだいぶ慣れてきたということで、教科書や参考書だけでなく、インターネットやSNS、動画などを用いる、そして毎日少しのスキマ時間でもハングル文字に触れる、そして友達に会う、教室に通うなど実際に話す機会を作り、鈍らないようにする人が多いようです。

■関連韓国留学記事
長期韓国留学経験者による「事前に知っておきたかった5つの事」

韓国留学のその後でも友達と会う?

韓国留学のその後でも友達と会う?

韓国留学のその後、学校で出会った友達とはその後会うことはあるのでしょうか。韓国留学で多くの人が行くのは語学堂ですが、そこには日本だけでなく世界中からいろんな人が集います。また当然日本からも多くの人がやってきます。

違う国の友達は、どちらかが訪ねていく、またはタイミングを合わせて韓国に来るなどしなければその後なかなか会うのは難しいというケースが多いようですね。それは日本の友達でも、近くに住んでいる人同士でなければ同じかもしれません。

でも、最近は多くの人が、留学中にSNS(Facebookやツイッター、インスタグラムなど)で連絡先を交換し、その後もコンタクトをとっています。そうれば時差や距離は関係なく連絡も取れますし、電話だってできます。そしてそれは韓国語で行うことにすると勉強にもなるのでいいとも言っていました。

日本では、留学のその後定期的に集まって、韓国語だけで話をするというようなルールで飲み会や勉強会を開いているという人もいます。韓国留学で得た貴重な縁なのでやはり大切にしている人が多いようですね。

■関連韓国留学記事
韓国留学にはインスタなどのSNSを活用しよう!出発前も滞在中も帰国後も大活躍!

LINE@追加

韓国留学のその後に韓国の大学に進む人もいる?

次に、語学堂に韓国留学をしてその後韓国の大学に入学する人の事もご紹介しましょう。語学堂に入ってから韓国をもっと好きになって、韓国の大学に入ることを決意するという人もいますが、韓国の大学に入学が決まり、きちんと授業についていけるように韓国語を学ぶということで語学堂に通う人もいます。

多くの大学には「外国人留学生の入学枠」が設けられており、一般の韓国人の学生とは違った制度で入学が認められるケースがあります。韓国語が必ずしも必須ではないこともあるようです。そういった人は、入学の前にまずは一年、語学をということで語学堂に行くようですね。もちろん日本の大学を卒業し、大学院に行くために来るという人もいます。

■関連韓国留学記事
韓国留学への持ち物リスト!必須のいるものからあると便利レベルまでを網羅!

韓国留学のその後日本での就職には有利?

韓国留学のその後日本での就職には有利?

最後に、韓国留学のその後、日本での就職や仕事にはどう影響するのか?就職活動には有利になるのか?ということも見てみましょう。

韓国留学で韓国語が話せるようになったと言って、思い浮かべる仕事は何でしょうか。

通訳、翻訳家、キャビンアテンダント、韓国語の先生…

もちろんそういった仕事を目指すのであれば、韓国留学の経験は有利です。むしろ韓国語を話せるのは絶対で、さらに韓国語能力試験などの別の資格や試験が必要になることもあるでしょう。

そういった仕事ではない限り、韓国留学は仕事や就職に活かすことはできないのでしょうか。それはどうやら違うようです。

例え、韓国留学に行った期間が短く、韓国語の実力は通訳ができるほどではない人だとしても、例えば就職活動には役に立ったという声が多く聞かれます。

外国に留学に行くという行動力、海外での生活経験、言葉だけでなく韓国への理解・知識の深さ、コミュニケーション能力などアピールできるポイントはたくさんあると言います。

また、日本の多くの企業は、グローバル化が進み、観光客も増え、顧客は日本人だけではなくなってきています。ビジネスのパートナーも国内だけとは限りません。そんな中、韓国留学という経験は大きな自信となって役に立つと言います。韓国に関係するビジネスは、飲食、観光、文化、エンターテイメント、ファッション、コスメ、歴史など多岐にもわたります。

韓国語が話せる、語学ができるというのはあくまでも特技であって、仕事や就職には確かにプラスになりますが、それだけでは十分とは言えません。将来技術がもっと発達して、翻訳機が万能になるなんてことも考えられます。誰もが韓国語をはじめ外国語に困らない、でもそんな時、実際に韓国留学という経験があるという事はとても重要になってくるでしょう。

韓国留学は学校に通うだけでなく、寝食全てが韓国です。そんな環境で得られる貴重な体験はきっと仕事や就職においてだけでなく、大きな自信を与えてくれるでしょう。

韓国留学の【その後】まとめ

韓国留学の【その後】まとめ

韓国留学のその後について、みんながどんな勉強をしているのか、出会った友達とどんな関係を続けているのか、学校や仕事、就職にはどんな影響があるのかを見てみました。

十人十色、韓国留学に行った人の数だけその後はありますが、韓国留学で得た経験はとても大きなかけがえのない財産となっているようです。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 釜山への韓国留学!ソウルとの違いや魅力・授業や語学学校・語学堂の特徴は?

  2. 【韓国留学】語学堂のレベルテストとは?どんなことをするの?テスト勉強・準備は?

  3. 韓国留学にパソコンは必要?語学堂でも使う?インターネットは?電源は?

  4. https://blog.naver.com/sainthills/221970105538

    2023年、韓国の梅雨入り発表!

  5. BTS全員が入隊😿韓国の兵役について

  6. 韓国留学にはインスタなどのSNSを活用しよう!出発前も滞在中も帰国後も大活躍!

  7. 韓国留学は1週間でも効果はある?学校での授業の様子やプログラムについて

  8. 韓国留学の1年はどんな一年?必要な費用から一年間の暮らしに韓国語の上達などをご紹介

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP