3ヶ月の韓国留学を徹底解説!学校・費用・手続きや生活の様子まで!

3ヶ月の韓国留学を徹底解説!学校・費用・手続きや生活の様子まで!

3ヵ月間の韓国留学。留学期間としては最も平均的ともいえる3ヵ月。韓国留学に行くとなると、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

また、3か月で通うことのできる語学学校・語学堂にはどのような学校があり、おすすめはどこなのか、必要な手続きはどんなものがあるのか、また3か月の韓国留学にはどんな準備をしておくのがよいのか、いろいろ知っておいた方が良いことがありますよね。

そして実際に韓国留学に行って3ヵ月ではどんな生活になるのか、また3か月でどれくらい韓国語が上達するのかなども気になるところです。

まとめてチェックしてみましょう。

3ヶ月の韓国留学を徹底解説!

韓国留学の期間として、最も一般的な期間として言われているのが3ヵ月です。それは韓国留学で最も多くの人が通う語学学校である語学堂の1学期にあたる期間だからでしょう。

1週間単位で行ける短期の韓国留学も最近は人気ですが、やっぱりじっくり腰を据えてということで、3ヵ月の期間は、多くの人が韓国留学の期間として目安にしている期間です。

3ヵ月韓国留学に行くとなると費用はどれくらい必要なのかな?
3ヵ月の韓国留学にはどんな学校がおすすめ?
3ヵ月の韓国留学の手続きを知りたい!
ビザは3ヵ月の韓国留学の場合は必要ないの?
3ヵ月の韓国留学にはどんな準備をすればいい?
3ヵ月の韓国留学でどれほど韓国語が上手くなるのかな?
3ヵ月の韓国留学について、じっくり調べていきましょう!

3ヶ月の韓国留学に必要な費用【学費】

まずは、一番大事ともいえる費用から見ていきます。費用の中で最も大きな割合を占めるのが学費ですね。

3ヵ月という期間の場合、語学堂に1学期通うという人が最も多いと思います。語学堂は10週間を一学期として春夏秋冬年4回、学期が始まります。10週間というと2か月ちょっとなので、留学期間を3ヵ月とみた場合、語学堂の学期の前後に、韓国で過ごす時間が取れるため、余裕を持ってやりたいことを実行できますね。

その為の、語学堂の学費ですが、学校によって異なりますが、目安として1学期の学費が150万ウォン~200万ウォンです。それに加えて、1学期だけでも通うのであれば、必要になってくるのが入学金・選考費用で、だいたい5万ウォン~10万ウォン程度です。タイダイの学校がそこに教材費などが含まれますが、授業以外の課外活動や文化体験など別途でコースがあり、申し込む場合は有料になるなど、細かく違いがありますので、事前にきちんと調べておきましょう。

選考と言っても、その時点での韓国語の能力がどれくらいなのかを図り、適切なクラスに編集を決めるためのレベルチェックです。語学堂は全く韓国語が話せない初心者の人から、韓国での大学進学や就職を目的としたような上級者の方まで、幅広くクラスのレベルが設定されています。

試験の成績が悪いからと、韓国留学が出来ないわけではありませんので安心してください。

■関連韓国留学記事
韓国に短期語学留学に行きたい!費用やプログラムの選び方は?

LINE@追加

3ヵ月の韓国留学に必要な費用【生活費・家賃・その他】

次の費用としては、家賃(住居費)、そして食費・通信費などの生活費、交際費などのおこづかいなどですね。

韓国留学の場合、学生寮・コシウォン・コシテル、リビンテル、シェアハウス・ホームステイなど様々なタイプから選ぶことができます。家賃はどんな所に住むかによって違いがありますが、一般的な韓国留学生の1か月の平均生活費は40万ウォン~80万ウォンくらいと言われていますので、三ヵ月の場合、120万ウォン~240万ウォンくらいになります。

住む場所によって食事の有無やインターネット・wifi環境の有無、自炊ができる環境かどうかなど違いがあり、単純に安いからと言う理由で選んでしまうと、必要な環境を自分で用意することになり帰ってお金がかかるということも考えて選ばなければいけません。当然ですが設備が整っているところ、立地が良いところになるほど費用は高くなります。今は、留学前にエージェントを通じて、住居の様子や設備は事前に細かく確認することが出来ます。留学エージェントの人ともよく相談して、3ヵ月安心して過ごせる環境を選びましょう。

韓国は日本と物価も似ているので、学生の一人暮らしの費用を想像するとイメージが付きやすいと思います。旅行で韓国に行ったことのある人も多いと思いますが、ついつい美味しいものやお買い物が楽しくてお金を使いすぎるなんてことがないように、3ヵ月の間のお金の管理は事前に計画を立てて、しっかり行うように気を付けたいですね。

3ヵ月の韓国留学の手続き!ビザは必要?

次は、3ヵ月の韓国留学に必要な手続きです。一番の心配はビザでしょう。韓国は90日以上の滞在の場合にビザの発給が必要となります。3ヵ月というともしかすると90日を超えてしまうこともあるかもしれませんが、特別な理由がない限り、ビザを申請する必要はないでしょう。

ビザの発給は事前に韓国領事館に出向いたり、銀行の残高証明書を準備したりとなかなか大変です。3ヵ月と決めているなら、90日という日数も意識して滞在期間を決めて、ビザの対象になる期間の前に引き上げるのがおすすめです。

■関連韓国留学記事
韓国留学のビザを徹底解説!ビザの種類・申請書類・大学/学校別の手続きなど

3ヵ月の韓国留学はどんな生活?韓国語は上手になる?

最後に3か月の韓国留学はどんな生活になるのか、3か月の期間でどれくらい韓国語は上手になるのかを調べて見ましょう。

まず、どんな生活になるかは季節によって大きく違いが出るでしょう。日本と同じように韓国にも四季があり、その時期にいろんな行事があります。気候は日本と似ているので必要な荷物や服はイメージしやすいと思います。

一番、留学生が来るピークの時期と言えるのが春。この時期は住居や学校などが混み合い不便な点もありますが、一番多くの人と一緒に学べる時期でもあります。次は秋。アメリカをはじめ、秋に新年度が始まる国からの留学生も多く、季節的にも過ごしやすいと人気です。夏も夏休みを利用した短期の留学生が多いですね。冬はやはり寒さが厳しく、荷物も増えますし、年末年始は必然的にりゅぐ悪性は少ない傾向にありますが、それでもずっと途切れることはなく、少人数で授業が受けられるためお得という意見もあります。

また、3ヵ月でどれくらい韓国語が上手になるかですが、ほとんどの人が韓国語に慣れ日常会話ではある程度自信がついたと感じるそうです。語学堂の授業はすべて基本韓国語で行われます。3ヵ月の間、毎日すごいボリュームの韓国語に触れることになります。また多くの語学堂が会話に重点を置いているため、話すことにも慣れてきます。

3ヵ月だけでは、まだまだと感じる人も多いようですが、一度じっくり韓国留学を経験した人は帰国してからも韓国語の勉強が効率よくできるようになるそうです。3ヵ月という期間の間に、たくさん聞いて、たくさん話して実践的な経験を積むことが出来るからでしょう。

■関連韓国留学記事
韓国留学の【その後】韓国語の勉強の続け方や大学の進路に仕事・就職は?

3ヵ月の韓国留学徹底解説!まとめ

3ヵ月の韓国留学について、学校や費用・手続きや生活ぶりについて調べて見ました。

3ヵ月というのは短いと感じるかもしれませんが、いざ留学に行きたいとその時間を作ろうとするとやはりいろいろ大変な人がほとんどです。

しかし、語学堂にじっくり一学期通うことのできる期間なので3ヵ月というのは本腰を入れて韓国語を学びたいというのであれば是非目指していただきたい期間です。

3ヵ月も行くのは心配だなという人は、1週間単位で行ける短期留学もありますので、まずは情報を集めてみましょう。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. コシテルの特徴・費用にメリットデメリット!韓国留学の住居に人気のコシテル徹底解説!

  2. 電話番号なしでも予約できる!韓国で使えるお店予約アプリの紹介!

  3. 韓国留学に人気の大学・語学堂の特徴やロケーションご紹介!【延世・ソウル・梨花女子・釜山・キョンヒ大学他】

  4. 2024年は青い辰の年「청룡의 해」

  5. 韓国留学に行ける年齢は?学校(語学堂)やビザに年齢制限はある?

  6. リビンテルのご紹介!ー①新沙(シンサ)・江南(カンナム)エリア

  7. 自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!語学学校(語学堂)の選び5つのポイントを紹介

  8. 韓国留学の保険はどうする?日本の留学保険?韓国の健康保険?費用や補償から見たおすすめは?

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP