韓国留学に半年行くと?韓国語はペラペラになる?費用半年分はどれくらい?

韓国留学に半年行くと?韓国語はペラペラになる?費用半年分はどれくらい?

韓国留学に半年間行くとどうなる? 韓国語は半年でどれほど上達できるのでしょうか。また半年間、韓国の現地で暮らすとなると語学堂の費用はどれくらいになり、生活費などの費用はいくら必要なのでしょうか。

また半年という期間は短いようでとても長いもの。寮やハスクにコシウォンなどどんな所に住むのがいいのかも悩みどころですよね。そこで今回は韓国留学に半年行くとどうなる?ということで、韓国語がどれくらい上手になるのかや、必要な学費・生活費などの費用、そして半年の韓国留学におすすめの住む施設についてご紹介したいと思います。また合わせて半年間いるなら是非やってみたいことについても調べて見ました。

韓国留学に半年行くと?

半年韓国留学に行くとどうなるのでしょうか?

6か月という時間は、留学期間としては短いようでもあり、とても長いようでもあり悩ましいものです。しかし、せっかく半年間時間とお金を使って韓国留学に行くのであれば、最大限成果を上げたいですよね。

まず一番気になるのが、どれくらい韓国語がペラペラになるのかではないでしょうか。そして次は必要なお金です。そして合わせて半年間、韓国留学で住むのであれば、大学にある寮がいいのか、ご飯付きのハスクがいいのか、勉強に集中できそうなコシウォンがいいのかなどなど。住居についても調べて見たいと思います。

半年の韓国留学でどれくらい韓国語は上達する?

半年間の韓国留学ではどれくらい韓国語は上達するのでしょうか。半年といえば韓国留学で一番多くの人が通う語学学校である語学堂で言うと2学期分通うことが出来ます。一学期の総授業時間は200時間なので400時間の韓国語のレッスンに加え、それ以外の生活のすべてが韓国現地で行うことになるので、日本にいて半年間韓国語の勉強をするのとは比べ物にならないくらい韓国語に集中した期間になることは間違いなさそうです。

全くの初心者が語学堂に半年(2学期)通うとなると、学校によって異なりますが、まず最初の1級では韓国語に関する知識が全くない人に基本的な韓国語(ハングル)の読み書き、日常生活に必要な最低限のコミュニケーション能力を身につけることが出来るようになるところをゴールに授業を受けます。そしてその次の2級では1級を踏まえ、日常生活に必要な基本的なコミュニケーション能力を身につけることをゴールとするところが多いです。

韓国留学に行く前にある程度韓国語の基本が身についている人ならば2級、3級と通うことになりますが、そうすると3級では日常生活に必要な基本的なコミュニケーション能力をさらに深め、複雑なコミュニケーションができるようになることを目標になっていきます。ちなみに一番最後のクラス6級は日常生活ではなく社会生活・大学生活に必要な韓国語を習得することを目標にしており、ニュースや新聞も理解でき、論文が書ける能力を身に着けるところを定めている語学堂もあります。

つまり、どのレベルで半年間韓国留学に行くにもよりますが、半年の間に2学期分通うことになる400時間分の勉強時間と韓国での生活経験はかなり韓国語のスキルを上げるという事でしょう。

■関連韓国留学記事
自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!5つのポイントを紹介

LINE@追加

韓国留学の費用半年分は?

次に韓国留学に半年行くと費用半年分はいくらになるのか?を見ていきたいと思います。

韓国留学の費用半年分で一番大きな割合を占めるるのは学費でしょう。2学期五角堂に通うとなると、一般的な語学堂の場合学費は目安としては150万ウォン~200万ウォン/1学期なのでその2倍です。そして最初に入学前に諸経費が必要になりますのでそちらのチェックも忘れずにしておきましょう。また、半年の滞在は90日以上となるのでビザの申請も必要です。学校に入学の申し込みを完了させると入学証明書が発行されますので、それで韓国領事館でビザの発給を受けましょう。

次は住居費、家賃ですね。学生寮、コシウォン・コシテル、ハスク(下宿)、ホームステイなどどのタイプを選ぶかによって異なりますが20万ウォン~70万ウォンが1か月分の目安となります。ただし居住に必要な費用としてだけ見ると大きな差が出ますので注意して下さい。これは食費が含まれているかどうか、生活に必要な家電、家具、布団、光熱費、通信費などが費用に含まれているかどうかで大きく変わってきます。

食費は一番大きな大きな費用となります。自炊ならば設備が整っているところを選ばないと、半年のために家電や食器をそろえるのはかえってコスパが悪くなる可能性もあります。韓国留学中は割り切って自炊はせず学食や外食で済ますという人も多いですよ。

また韓国留学中は日本にいる時と変わらずスマホを使うと思いますが、それに必要なwi-fi環境が無料であるのか、自分で有料の契約をするのかも費用に大きくかかわってきます。それらは人によってさまざまですが、目安となる生活費は一般的な留学生の場合、30万ウォン~80万ウォンと言われています。

韓国は日本と文化の差がそれほど大きくないので、日本での生活費の感覚と近いです。半年韓国留学に行くのであれば、お金のことはしっかり計画的に準備しておく必要があります。

■関連韓国留学記事
韓国留学の費用が知りたい!学費や生活費の値段を徹底リサーチ!

韓国留学の半年ならどこに住む?(寮・ハスク・コシウォン)

半年の韓国留学の場合、どこに住むのがおすすめでしょうか。もちろん、予算と十分に相談することは必要ですが、安いという理由だけで選ぶのは危険かもしれません。半年という期間生活するのであればある程度自分の生活スタイルにおいて、譲れるところ、譲れないところを整理して住居環境を選ぶ必要があります。

寂しがりの人は寮が向いているかもしれませんが、一人の時間を大切にしたいという人であればどうでしょうか。ごはんはしっかり朝から3食食べたいという人は朝から毎日外食は費用がかさむので食事が提供される施設がいいかもしれません。一人部屋なのか、共用なのかも大切なポイントかもしれませんね。

また、トイレ、シャワーが専用か共用か、台所・洗濯機の有無・自由度、家具のそろい具合、wi-fi環境、門限や決まりなども事前にきちんとチェックして決めるようにしましょう。

■関連韓国留学記事
韓国留学への持ち物リスト!必須のいるものからあると便利レベルまでを網羅!

韓国留学に半年行くならやってみたいこと

最後に半年韓国留学に行くならやってみたいことのおすすめもご紹介しましょう。

半年韓国に行くのであれば、語学堂には2学期通うことになりますが、その学期と学期に1~2週間ほどのお休みの期間が出来ます。また普段から土日は授業がありません。ですので、是非韓国内の小旅行にチャレンジしてみて下さい。韓国も日本以上にインターネットを利用しての旅の準備が便利ですし、日本よりも格段に交通費が安く、列車の旅も長距離バスの旅も格安で行くことが可能です。

普段はソウルの街で過ごしていても地方に行けば、その地域ごとに方言もありますし、街並みも違います。また住み慣れた場所を飛び出して韓国に飛び込むことで、普段以上に韓国語の腕試しができるはずです。休みになってからどうしようか?と悩むのではなく事前に準備してみてはいかがでしょうか。

■関連韓国留学記事
長期韓国留学経験者による「事前に知っておきたかった5つの事」

韓国留学に半年行くと?まとめ


韓国留学に半年行くと?ということで、どれくらい韓国語が上達するのかや必要な費用などを調べて見ました。

事前に色々チェックして安心・安全に半年間過ごせるようにしましょう。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 現地スタッフの韓国レポート【第一戦、仁川編_その①】

  2. 2024年は青い辰の年「청룡의 해」

  3. 🍧8月・9月短期留学プランを一挙ご紹介!

  4. 電話番号なしでも予約できる!韓国で使えるお店予約アプリの紹介!

  5. 韓国留学の持ち物リスト!必須アイテムから便利アイテムまで韓国留学の持ち物をご紹介!

  6. メイク・美容の韓国留学!韓国の美容専門学校に通うには?費用・ビザ・韓国語は?

  7. 自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!語学学校(語学堂)の選び5つのポイントを紹介

  8. 韓国へ短期語学留学に行きたい!費用やプログラムの選び方は?

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP