韓国留学で一時帰国するには?学校やビザ・航空券の手続きはどうする?

韓国留学で一時帰国するには?学校やビザ・航空券の手続きはどうする?

「韓国留学中に、日本に一時帰国することになったら?」

当然、考えておかなければいけない事かもしれませんね。韓国留学中に一時帰国をするということになれば、通っている学校はどうなるのでしょうか。

また、飛行機の航空券やビザの手続きもしっかりチェックしておかないといけないでしょう。必要な手続きを正しく行われていなければ、一時帰国をしてから学校に戻れなくなってしまったり、修了が認められなかったりしては大変です。また飛行機はお金が必要以上にお金がかかってしまってはいけませんし、ビザに関しては問題が生じると韓国で引き続き留学が出来ないなんてことになっては大変です。

そこで今回は、韓国留学中に日本に一時帰国することになったら?ということで、学校やビザ・航空券などの手続きについて調べて見たいと思います。

この記事の目次
・韓国留学で一時帰国するには?
・韓国留学で一時帰国すると学校はどうなる?
・90日以内の短期韓国留学なら手続きなしで一時帰国が可能
・ビザを持っている場合の韓国留学の一時帰国の手続きは?
・韓国留学の一時帰国の時航空券はどうなるの?
・韓国留学で一時帰国するには?まとめ

韓国留学で一時帰国するには?

韓国留学中に日本に一時帰国することになったら、どういうことを気を付ければいいのでしょうか。何かの急用で、韓国留学中でもどうしても日本に帰国しないといけなくなるということは、誰にでもありえることです。

結婚式や卒業式などの大切な用事があって、事前に一時帰国の予定があるという人もいるでしょう。韓国留学にはいろんな手続きを経て行くものですが、その途中で一旦勧告を出国するということ何か手続きがいつものなのでしょうか。

一時帰国の場合、学校には伝えておくべき?
授業を休む期間によっては、クラスの修了が認められない?
一時帰国になったら航空券は新しく予約するもの?
ビザの期間内だけど一時帰国すると無効になるの?
ビザはあっても一時帰国の場合外国人登録証の申請に注意が必要?

退治な手続きをし忘れることのないようにしっかりチェックして行きましょう。

韓国留学で一時帰国すると学校はどうなる?

まずは、韓国留学中に一時帰国をすると学校はどうなるのか?について見ていきましょう。

基本的には、語学堂などの学校は、一時帰国で授業に出られない場合は欠席となります。

一時帰国に限らず、欠席の場合は学校には連絡をするようにしましょう。そして従業をお休みする期間の間のカリキュラムなどを事前に聞いて、自分で勉強をしておいた方がいいところなどを確認できるとなおよいでしょう。

また、欠席が長期にわたる場合、試験などの特別な日程に重なる場合はどのようにしたらいいかも確認しておいた方が良いでしょう。学校によって欠席日数次第では、そのクラス(級)の修了が認められないというルールがある場合もあります。事前にしっかり確認しておきましょう。

LINE@追加

90日以内の短期韓国留学なら手続きなしで一時帰国が可能

次は、ビザの手続きに関してです。まず90日以内の短期の韓国留学の場合、ビザに関しては元々取得する必要がありませんので、特別な手続きは必要ありません。語学堂などの学校にきちんと連絡をしてパスポートを忘れずに日本に帰国しましょう。

せっかくの一時帰国なので日本から必要な荷物を事前にリストアップして持ち帰れるようにできるとよいですね。

■関連韓国留学記事
韓国留学への持ち物リスト!必須のいるものからあると便利レベルまでを網羅!

ビザを持っている場合の韓国留学の一時帰国の手続きは?

次は、90日以上の韓国留学で、ビザを持っている人の場合の手続きについて見てみましょう。ビザを持っている場合に注意しなければいけないのは、「外国人登録」を韓国で済ませているかどうかです。

この外国人登録とは、ビザの申請と合わせて90日以上の長期滞在をする人は、申請をする必要のある手続きで、完了すると顔写真入りの外国人登録証が発行され、韓国で身分証明書として使えます。

この身分証明書が発行されている人であれば、一時帰国は特に申請入りません。日本への一時帰国に限らず、韓国から他の国への海外旅行をして、再度韓国へ入国することも認められます。もちろんビザも引き続き有効です。

しかし、外国人登録証の発行がまだの場合、ちょっと話は変わってきます。ビザの発給を受けていても外国人登録証が発行されていない場合は、韓国から一旦出国してしまうとそのビザは効力を失ってしまいます。

その際は再度、90日以上の滞在になる場合は、ビザの申請をしないといけなくなります。時間もお金もかかりますので、やむを得ない急用でない限り、外国人登録証の発行前の一時帰国は慎重に行ったほうがよさそうです。

一般的に、韓国留学の場合は、D-4ビザかワーキングホリデービザになると思いますが、ワーキングホリデービザは、原則として一人一回しか取得できません。うっかり手続きを間違えて執行したとなった場合、せっかくのビザが無効になってしまっては大変です。

一時帰国の前に外国人登録証の発行をしっかり完了させましょう。

外国人登録証の申請は、ソウル出入国管理事務所(イミグレーションオフィス)で申請をします。韓国での居住地域によっても管轄が異なる場合もあるようなので、しっかり準備しましょう。発行までの期間は2~3週間と言われています。(繁忙期にはもっと長くなる可能性もあります)日程には余裕をもって申請しておきたいですね。

申請にはパスポート、顔写真そして手数料が必要です。一時帰国の為だけでなく、90日以上の滞在の場合は申請が必須で、違反の場合は罰金が科せられることもあるものなので忘れずに申請しておきましょう。

■関連韓国留学記事
韓国留学中に仕事やバイトはできる?仕事ができるビザや条件は?

韓国留学の一時帰国の時航空券はどうなるの?

最後に韓国留学中の一時帰国で気を付けなければいけないのが飛行機、航空券です。

これは、最初に韓国に行くときに、どのようなタイプの航空券を手配しているかで変わってきます。
まず、料金の安さ重視で選ぶ人の多い格安チケットなどの航空券の場合。こちらは往復でチケットを取っている人がほとんどかと思います。このチケットは料金が安い代わりに、予め飛行機に搭乗する日時が決められています。この場合、一時帰国で、予定外の帰国をする場合には使えません。

再度、韓国から日本、日本から韓国への往復チケットを手配しましょう。日程が決まっているのであれば格安チケットで大丈夫です。

もう一つのパターンが、オープンチケットと呼ばれる日時をあらかじめ決めないで購入できる航空券の場合です。この場合は、一時帰国でこのチケットを使い、もう一度韓国に来る際に別の往復チケットを手配するという流れになります。

日本と韓国は近いので多くの人が格安チケットのようなFIXチケットで日時指定のものを持っているかと思います。よくわからない場合は航空会社のデスクに問い合わせて確認しましょう。

韓国留学で一時帰国するには?まとめ

韓国留学で一時帰国するには?ということで必要な手続きを見てきました。

通っている学校だけでなく、ビザや外国人登録証の発行などの手続き、そして航空券の手配などいろいろ注意しておかなければならない点がたくさんありましたね。

外国にいるわけなので、思い立ったらすぐに移動!というわけにはいきません。決められた手続きが漏れていたりすると、ビザが無効になったり、高いお金を払わなければいけないようなことになったりという事態を招くこともありますので、しっかり調べておきましょう。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 社会人でも韓国留学!社会人ならではのメリット・デメリットは?

  2. 韓国人は記念日好き?毎月14日が記念日!

  3. 日本での韓国留学?韓国語教室や日本外国語学校をチェック!

  4. 韓国留学の間の携帯・スマホはどうする?Wi-fi、SIMカードなど必要な契約とその費用は?

  5. 韓国留学の航空券はどうする?おすすめは?航空券の種類や費用に手続きも紹介!

  6. ついにコラボが実現✨韓国のダンススクール【JOY DANCE MUSIC ACADEMY】とは??

  7. 韓国留学で生活費が足りなくなったらどうする?生活費を節約する方法も紹介!

  8. hangangmoonlightmarket.org

    漢江の夜景が楽しめる夜市場✨

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP