韓国留学に行く方法まとめ!交換留学や大学入学以外で韓国留学に行く方法は?

韓国留学に行く方法まとめ!交換留学や大学入学以外で韓国留学に行く方法は?

韓国に旅行ではなく勉強しに行きたいと韓国留学を考えている人、そもそもどうすれば韓国留学に行けるのかその方法がわからないと悩んでいませんか?

留学となると、パスポートやビザ、学校や住むところ、そして費用や持ち物などいろいろ調べることも出てきます。

でも、そもそも留学となると、交換留学や韓国の大学などに留学生として入学するということになるのでしょうか。もちろんそういったいわゆる「海外留学」も韓国留学ですがそうなると韓国語はすでに話せる人が韓国に行って、韓国の人と勉強するという留学ですね。
でもそれらとは違って、完全に個人的に「韓国語」を学ぶために語学学校に通うという「韓国留学」もあるんです。

そこで、今回は「韓国留学に行く方法」として、どんないろんなタイプの韓国留学に行く方法を調べて見たいと思います!

韓国留学に行く方法

どうすれば、韓国留学に行けるのでしょうか?日本で韓国語を勉強しているけど、実際に韓国に行って、学校に通い、生活をしながら韓国語を学んでみたい!と韓国留学に行きたいと思いませんか?でも、具体的にどうすればいいのかわからないと悩んでいる人もいるかもしれません。

「ある程度韓国語が話せないと韓国留学に行くのは難しい?」
「どんな方法で韓国留学の学校を探せばいいの?」
「大学などの留学の制度ではなく個人で韓国留学に行く方法はないの?」

気になる事はたくさんありますね。そこで、韓国留学にはどんなタイプがあるのか、また韓国留学に行くにはどうすればいいのかの方法についても調べて見たいと思います。

韓国留学の方法①交換留学や韓国現地への大学入学

まず、いわゆる「海外留学」と言われて多くの人がイメージするであろう「交換留学」や「韓国現地への大学入学」を見てみましょう。

交換留学とは学校同士が学生を交換する留学。選ばれた学生が、決まった期間留学先の学校で勉強をします。留学生が学校にいる事により国際交流など他の生徒にも良い影響を与えますし、お互いの国、学校の交流も目的としているのがこの交換留学ですね。

多くの場合、学費はすでに自分の学校に払っているので、留学先では払う必要なし(もしくは一部負担)、生活費なども奨学金として免除されるなど優遇されていることが多いようです。

だだし、かなりの狭き門である事が難点です。どうやって交換留学するのかその方法ですが、ある意味、学校の代表として留学するので、成績も見られますし、面接やレポートの提出なども影響するでしょう。そしてその留学先では学生として過ごすので、語学力がある人の方が有利なことが多いようです。

そして、そういった交換留学生としてではなく、韓国現地の大学に入学する韓国留学もあります。多くの大学では外国人留学生枠が設けられていてそこに入学するというわけですね。その方法としては、いわゆる受験をして合格する必要があります。(推薦という方法も中にはあります)

この場合、どんな条件・方法になるかは学校によって様々です。しかし、大学に入学するわけですから、簡単ではありません。中には韓国語の能力よりも学力を優先する、韓国語ができなくても英語の基準をクリアすればOKなんていう学校もあります。韓国語が話せなくても、後からご紹介する個人で行ける大学の中にある韓国語を学べる語学学校に1年ほど通って、大学に入学するという人も多くいます。

■関連韓国留学記事
韓国留学に行くお金ない!無料で行く方法があるの?返済不要奨学金の条件とは?

韓国留学の方法②民間や行政の留学制度を利用

次に企業や行政(国や市町村)などが行っている留学制度を利用して韓国留学に行くという方法もあります。企業の場合は、韓国に縁があって、留学生を募ることにより、企業イメージアップや将来的に韓国留学を経験した人材の採用を期待して、募集を募ることがあります。

行政の場合は、やはり国際交流の目的が多いようです。こちらもどうやって行くか、その方法ですが、募集する団体によって様々です。

多くのパターンとしては、学歴、成績、レポートなどの課題での書類選考、面接を経て決まることが多いようです。

募集のタイミングが限られていたり、条件が厳しいことが多いなど、ハードルが低いとは言えませんが、韓国留学に行きたいのであれば情報を集め自分が応募できるものがないのか探してみる価値はありそうです。

韓国留学の方法③個人で申し込む

最後に、交換留学や大学の留学、民間や行政制度を利用してではなく完全に個人として韓国留学に行く方法もご紹介しましょう。

この方法はたとえ、韓国語が話せない人でも希望すれば行くことができる韓国留学です。それは、韓国にある外国人向けに韓国語を教えてくれる語学学校に通うことです。

もちろん初心者でなくても
「日本でハングルの読み書きは覚えたけどもっと話せるようになりたい」
「字幕なしで韓流ドラマを楽しみたい!」
「日常会話くらいは韓国語をしっかり話せるようになりたい」など
いろんな目的で通うことができます。

その韓国留学先とは、語学堂と呼ばれる韓国の大学の中にある語学学校です。民間で外国人向けに韓国語を教えてくれる学校ももちろんありますが、韓国語を覚えたい韓国留学先としては、断然この語学堂がポピュラーなんです。

一般的な語学堂のカリキュラムは10週間を一学期として平日の午前中にみっちり韓国語の授業を受けます。住むところは学校の寮があるところもありますし、学生向けのコシウォンやコシテルと呼ばれる学生向けの一人暮らし施設を利用するなど様々です。

10週間だけではなく、3泊4日、1週間、1ヶ月と言う短期で通うことができるクラスがある学校も沢山あります。韓国語に自信はないけれど韓国留学をしてみたいという人にはこちらがおすすめですよ!詳しくはこちらもご覧ください。

■関連韓国留学記事
自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!5つのポイントを紹介

LINE@追加

韓国留学に安心して臨む方法


いろんなタイプの韓国留学を見てきましたが、最後にどんな方法で行くにせよ、韓国留学に安心していくための方法についてご紹介しておきたいと思います。

留学となれば、旅行と違い、長い期間を韓国で過ごすことになります。言葉はもちろん、通貨・お金も違いますし、法律・ルール・文化・習慣も異なります。留学期間を安心して過ごすためには、きちんと計画を立て、十分な費用を準備し、必要な持ち物や手続きを行うことが大切です。

そのためには情報収集が必要不可欠です。最後にご紹介した語学堂などは申し込みさえ完了すれば通うことはできるようになりますが、安心して過ごし、留学の成果を上げるためにはきちんと準備をしていきましょう。

学校探し、住まい探し、お金のこと、パスポートやビザの手続き、加入するべき保険などなど。確認することは山ほどあります。不安な要素が少しでもある人は、語学堂に通うための留学を斡旋してくれる日本の留学エージェントを探してみましょう。そして、資料請求や説明会への参加を積極的に行うことをお勧めします。

貴重な韓国留学を後悔のない価値のあるものにするために留学前のリサーチから始めてみてはいかがでしょうか。

■関連韓国留学記事
韓国留学の保険はどうする?日本の留学保険?韓国の健康保険?費用や補償から見たおすすめは?

韓国留学に行く方法まとめ

韓国留学に行く方法を調べてみました。交換留学や大学入学でなくても、韓国語を学びたいという人のために韓国留学は充実した環境が整っています。不安な人は信頼の置ける留学エージェントを探して問い合わせてみるなど、できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 韓国で看護師になる為の韓国留学!日本人が韓国で看護師になる為には?

  2. 韓国留学の部屋探し徹底比較!【シェアハウス/ワンルーム/寮/下宿/ホームステイ】おすすめは?

  3. ワーキングホリデーで韓国留学に行こう!ワーホリの手続き・費用・学校・ビザ徹底解説!

  4. 韓国留学に残高証明書とは?ビザには必須?申請の方法に手続きを調査!

  5. 韓国留学の実際の体験談や感想が知りたい!困ったこと楽しかったことは?どんな感じ?

  6. 3ヶ月の韓国留学を徹底解説!学校・費用・手続きや生活の様子まで!

  7. 往復で最大¥1,000割引!チェジュ航空コラボキャンペーン第2弾!

  8. 半年の韓国留学で語学力はどれくらい伸びる?日常会話や生活には不便はない韓国語レベルになる?

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP