韓国留学に行くお金ない!無料で行く方法があるの?返済不要奨学金の条件とは?

韓国留学に行くお金ない!無料で行く方法があるの?返済不要奨学金の条件とは?

「韓国留学に行きたいけど、そんなお金ない!でも行きたい!」

そんな悩みを解決する方法があるかもしれません。それは奨学金と呼ばれる制度です。

でも奨学金とはどんなものなのでしょうか?どうやって奨学金を得ることが出来るのでしょうか?「無料で勉強のためのお金をどうぞ!奨学金返済不要です!」とくれるというものもありますが、一時的にお金を貸してくれるもの、その為の金利を安く設定しているものなども奨学金なのです。

もちろん、誰でももらえるわけではありません。でも、お金がないけど韓国留学に行きたい!と言う人にはどうやって奨学金をもらえるのか、どんな種類のものがあるのかなど気になりますよね。

今回は、韓国留学前にチェックしておきたい奨学金について調べて見たいと思います。

韓国留学に行きたいけどお金ない!

韓国留学に行きたいけどお金ない!

日本でも、高校や大学に進学するのに学費を奨学金で賄うということは知られています。成績がいい人、家庭の事情などで勉強したいけどお金がなく援助が必要な人などがもらえるのが奨学金というイメージではないでしょうか。

国内の進学に限らず、韓国留学にも奨学金があります。お金がないけど韓国語を勉強したい!という人のために行っています。それは日本からの奨学金だけではなく、なんと韓国政府が韓国語を学ぶ海外の人を対象にしたものまであるんです。

そして、それは返済不要の奨学金であったり、無利子でお金を貸してくれるものであったり、特別に低金利で貸し付けてくれるものなど種類も様々。そして奨学金がもらえる条件も様々なんです。

「韓国留学に行きたいけどお金ない!」そんな悩みを解決してくれるかもしれない奨学金について調べて見ましょう。

韓国留学の費用が知りたい!学費や生活費の値段を徹底リサーチ!

無料でも韓国留学に行く方法は返済不要の韓国の奨学金?

無料でも韓国留学に行く方法は返済不要の韓国の奨学金?

数ある奨学金の中でも、返済不要という条件のものは誰しもがほしいと思う奨学金ではないでしょうか。実は、韓国留学に行く人を対象に韓国政府が直接募集している返済不要の奨学金があるのです。

選考は日本国内で、書類審査として面接で決まります。色々な種類があるのですが、代表的な奨学金は最長5年で、一年間の語学研修と4年間の学士過程に通うことを想定している奨学金です。

奨学金として月80万ウォンのお金が支給され、500万ウォンの上限がありますが学費が免除、他にも渡航一時金、帰国一時金、1年内の語学研修費が支給。また健康保険も付いてきます。
大賞である韓国の大学に進学することが条件ということで、一時的な語学の韓国留学には募集人数も少ないのでハードルが高いかもしれませんが、韓国では国際競争力強化の為、このように海外からの留学生を積極的に受け入れる体制、奨学金があるんですね。

毎年、募集要項は細かく変更になるので興味のある人は調べて見ましょう。

韓国留学に使える奨学金・日本学生支援機構(JASSO)とは?

韓国留学に使える奨学金・日本学生支援機構(JASSO)とは?

韓国現地の大学に通う予定まではないけど、韓国留学をしたいという人のための日本の奨学金としてはまず、日本学生支援機構(JASSO)を押さえておきましょう。

日本学生支援機構(JASSO)は経済的な理由で学問の機会を得られない学生などをサポートする、学生の勉強を全般的に支援してくれる団体です。その中に留学する学生を支援する奨学金制度があります。

国内の学校に進学するための奨学金も海外留学のための奨学金も、返済不要の給付型奨学金と低金利ではありますが、無利子でお金を貸してくれる、または利子と共に返済する必要のある貸与型奨学金の大きく二種類に分かれます。

どちらも学問に意欲的であるが経済的な理由で困難があるという学生を対象にしていますが、もちろん、返済不要の給付型奨学金の制度を受けるには成績などが優秀であるという条件も加わり、貸与型奨学金よりも基準が厳しくなります。

しかし、韓国への大学進学を前提としていなくても短期でも対象になるということから日本の学生にとって留学の際に最も身近な奨学金制度となるのが、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金でしょう。

海外留学のためのお金に困っている人は、是非申請できるかどうかを調べて見たい奨学金制度ですね。

■関連記事
自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!5つのポイントを紹介

民間や自分の通う学校の奨学金も調べて見よう

民間や自分の通う学校の奨学金も調べて見よう

韓国政府の奨学金制度、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度をご紹介してきましたが、他にもいろんなところから奨学金制度は受けられます。

例えば、都道府県や市町村などの地方自治体や、民間団体でも。民間では比較的返済不要の給付型の奨学金も少なくないので、調べて見る価値はありそうです。どんな奨学金でも給付には条件があり誰でももらえるというものではありませんが、自分が当てはまるものはないのか情報を集めてみましょう。また申請できるタイミングが、一年に一回と決まっていたりすることもあるので、ある程度、期日には余裕をもって長期的に調べるようにしましょう。

また、学生限定にはなりますが、通っている大学(通いたい大学)の奨学金もしっかり調べておきましょう。全額ではなくても決められた割合の学費が免除になるというタイプのものも数多くあります。その大学での成績や奨学金用の試験があることが多いようです。留学先が提携校ときまっていますが、交換留学という制度も多くの大学で設定されています。

奨学金がだめでも教育ローンで韓国留学に行ける?

奨学金がだめでも教育ローンで韓国留学に行ける?

最後に奨学金とは違いますが、教育ローンと言う方法でお金を援助してもらうという方法もご紹介しておきたいと思います。

やはり奨学金と言うと、学力が優れていることなど条件が厳しく受けられないという人も少なくないので、多くの人が大学進学の為などに利用しています。

教育ローンは大体が、高校や大学進学のために利用されることが多いですが、留学の場合も融資の対象となるものが多くあります。ローンなので、返済が必要で、利子がつきますが、学問の為ということなので他の借り入れよりも金利が低く、優遇されます。

本人ではなく親が申し込むというケースもあるようですね。奨学金の対象に慣れなかった…またそれだけでは足りない!と言う人は合わせて探してみるとよいかもしれません。

韓国留学に行きたいけどお金ない!まとめ

韓国留学に行きたいけどお金ない!まとめ

韓国留学に行きたいけどお金ない!と悩みを持つ人は、調べておかないといけない奨学金の制度について見てみました。

条件の良い奨学金は、韓国の大学への進学を前提として、加えてやはり学力が優秀であることなどハードルも必然的に高くなるものですが、対象となりえる人は調べて申請してみる価値はあるといえそうですね。

最近では、留学生活中にレポートを提出したり、学力テストの決められた成績をクリアするなどの条件付きというのもあるようですが、留学エージェントや現地の語学学校が、キャンペーンとして一部学費免除などを募集しているケースも見られます。どんな奨学金であるにせよ、しっかり調べて自分が対象となる可能性のものがないかは見ておいて損はなさそうですね。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 韓国留学でコシウォンに住むメリット・デメリット!特徴をよく理解して合う・合わないを決めよう!

  2. 大学担当者に聞きました!大学インタビュー①崇実大学

  3. 2024年は青い辰の年「청룡의 해」

  4. 韓国留学に人気の大学・語学堂の特徴やロケーションご紹介!【延世・ソウル・梨花女子・釜山・キョンヒ大学他】

  5. 🌴6・7月短期プラン&申請締切間近(8・9月渡航)のプランをご紹介🏄

  6. https://blog.naver.com/sainthills/221970105538

    2023年、韓国の梅雨入り発表!

  7. 韓国留学でも英語が役に立つ?韓国人の通う英語の語学学校もチェック!

  8. リビンテルのご紹介!ー①新沙(シンサ)・江南(カンナム)エリア

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP