国際郵便!留学前に韓国へ荷物を送る方法について

アンニョンハセヨ!
K Village韓国留学です^^

 

いざ韓国留学が決まって、荷造りを始めたら荷物が多くて困ったことありませんか?
長期留学だとどうしても荷物が多くてスーツケース1個に収まらず、
韓国に着く前に疲れてしまいそうになったことはありませんか?
今は韓国現地でも色々と日本のものが買えるようになりましたが、
それでも荷物がどうしても減らない時もありますね^^

そこで、今回は韓国へ国際郵便を送る方法ついてご紹介いたします♬

https://n.news.naver.com/mnews/article/119/0002748651

 ① 郵便局で航空便を送る

・EMS(国際スピード郵便):平均3日以内、30キロまで(30キロ26,600円)
・国際小包(航空便):平均1週間以内、30キロまで(30キロ18,350円)

 韓国へ荷物を送る方法の中で比較的によく知られているEMS(国際スピード郵便)は平均3日以内で届く一番早い方法です!
重さによって料金が決まる為、送る前に重さを量ることでその料金が分かります。
最大30キロまで送れますが、荷物のサイズも決まっている為、
できれば郵便局で購入できる段ボールで送ることをお勧めします。
もし、EMSの料金が少し負担になる場合、国際小包で送る方法もあります。
EMSより少し時間はかかりますが、料金はEMSより少し安いのでそこまで急ぎでない時は国際小包もお勧めです!

 

https://www.g-enews.com/ko-kr/news/article/news_all/201910311455123154428b74b45e_1/article.html

②郵便局で船便を送る

平均1~3カ月、30キロまで(30キロ13,400円)

 EMSと国際小包は早く届く分、料金が少し負担になることもあります。
その時は船便を利用することも可能です。
料金が安いことでとても魅力的ですが、状況によっては数カ月時間が掛かることもあり、
長期留学で時間的に余裕がある場合お勧めします。
また、留学を終えて帰国する時、留学先で増えた荷物を日本へ送る時にもお勧めです^^

 

航空便でも船便でも韓国へ荷物を送る際は、かなり重量のある荷物が多いので、郵便局の集荷サービスを利用することをお勧めします!
郵便局の方が直接自宅へ訪問し、その場で荷物の重量を量って郵便局へ運んでくれるためとても楽です。

郵便局ではなく、民間の配送会社を利用することも可能ですが、重い荷物を送るには所要時間と料金を比較してみると郵便局を利用する方がお得です!

 

※韓国へ国際郵便を送る際の注意点

①住所・差出人・受取人などは全て英語表記にすること

→韓国の郵便番号(ZIPコード)は現在5桁の数字になっているので昔の郵便番号(6桁)を書かないよう注意してください。

②入れてはいけないもの:下記は郵便局の国際郵便を利用する際、送付不可になっているものです。

火薬類、高圧ガス、引火性液体、可燃性物質類、酸化性物質類、毒物類、放射性物質、腐食性物質、その他の有害物件

スプレー缶、ガスライター、香水、殺虫剤などはうっかりと荷物に入れてしまうことがありますので、荷物を送る前に航空便や船便で送れないものについて必ず確認してください!

 

ここまでいかがでしたか?

韓国へ荷物を送る方法、皆さんも一度試してみませんか?

 

以上K Village韓国留学でした。

関連記事

  1. 【韓国留学1ヵ月分の費用】韓国留学の費用1ヵ月分はいくら?語学堂の費用や生活費・物価を調査!

  2. 韓国留学の実際の体験談や感想が知りたい!困ったこと楽しかったことは?どんな感じ?

  3. ついにコラボが実現✨韓国のダンススクール【JOY DANCE MUSIC ACADEMY】とは??

  4. 韓国の交通手段について

  5. 韓国留学の荷造り徹底解説!日本から持参必須の荷物や韓国現地調達おすすめの荷物は?

  6. 【特報】ソウルのフリーパス登場!地下鉄・バス乗り放題のお得なチケット!

  7. 韓国留学のお金の管理!クレジットカードだけ?韓国の銀行で口座開設をする?メリット手続きやを確認!

  8. 韓国留学で現金の管理はどうする?お金問題!韓国留学はクレジットカードや銀行口座開設をうまく活用して安全に!

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP