うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!きっかけは韓流ドラマとアンチエイジング?!

うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!きっかけは韓流ドラマとアンチエイジング?!

うつみ宮土理さんをご存知ですか?ケロンパという愛称もあり、細身でスタイルがよく大きい口でにっこり元気な笑顔が印象的な女優さん、タレントさんです。夫は俳優や司会で知られるキンキンこと愛川欽也さんです。

そのうつみ宮土理さんですが、韓国留学経験者であるということをご存知ですか?韓国留学が気になる人にとっては芸能人であるうつみ宮土理さんが韓国留学に行ったというのは、いろいろ気になることがあるのではないでしょうか。

そこで今回は韓国留学に行ったことのある日本の芸能人として知られるうつみ宮土理さんについて調べて見たいと思います。きっかけや仕事や家族の反応、韓国現地での生活、どれくらい韓国語が話せるようになったのかなどなど。

うつみ宮土理さんの韓国留学経験を調べて見ましょう。

うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!

うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!

女優でタレントのうつみ宮土理さん。小さくスレンダーなかわいらしい方で大きなお口ではつらつとした笑顔が印象的なチャーミングな女性です。

そんなうつみ宮土理さんは、広い世代に知られる有名な芸能人ですが、実は2007年に韓国にある慶熙(キョンヒ)大学という大学の語学学校に韓国留学の経験がおありなんです。

失礼ながらうつみ宮土理さんはもう結構なご年齢です。また日本で韓流ブームがあり、韓国語を学ぶ人が増えているとはいえ韓国留学にまで出向くというのは、忙しい芸能人の人はお仕事の調整も難しかったのでは?普通にいろいろ気になるところがありますよね。

「なんで韓国留学に行く決心をしたの?きっかけは?」
「どんな勉強をしていったの?」
「韓国語は元々話せたの?」
「仕事や家族、夫の愛川欽也さんは賛成していたの?」
「今はどれくらい韓国語を話せるの?」

いろいろ気になるうつみ宮土理さんの韓国留学を調べて見たいと思います。韓国留学に興味を持っている人、気になることがある人、迷っている人に何かヒントになることがあるかもしれません。

韓国留学に行った女優・うつみ宮土理さんとは?

韓国留学に行った女優・うつみ宮土理さんとは?

うつみ宮土理さんのプロフィール

うつみ宮土理 本名:井川 三重子
 1943年10月1日(2019年現在76歳)
 愛称:ケロンパ

 1966年子供向け番組『ロンパールーム』の二代目お姉さんでデビュー。以降、バラエティ番組や、ドラマなどで活躍。夫の愛川欽也さんとは「シャボン玉こんにちは」という番組で一緒に司会をしていたことがきっかけで結婚。おしどり夫婦としてそろってテレビに出演することも多数。2015年に愛川欽也さんと肺がんのため死別。一時芸能活動を休止していたがまた少しずつお仕事にも復帰され元気な姿をまた見せてくれています。

うつみ宮土理さんが韓国留学に行ったきっかけは?

うつみ宮土理さんが韓国留学に行ったきっかけは?

売れっ子ともいえる芸能人であるうつみ宮土理さんが韓国留学に行ったのは2007年4月のこと。3か月間でした。ソウルにあるキョンヒ大学の語学堂に通っていました。午前中は学校で授業を受け、午後には韓国人の家庭教師を付けて個人レッスンもこなしていたという、期間は決して長くはないかもしれませんが、内容の濃い韓国留学をされていたそうです。

うつみ宮土理さんが韓国留学に行ったきかっけは何だったのでしょうか。一番大きなきっかけは韓流ドラマ「冬のソナタ」だったそうです。それまではほとんど韓国に対して特別な感情や興味はなかったそうですが、韓流ドラマとそれに出演する韓流スターにすっかり魅せられてどんどんはまっていたのだそうです。ちなみにご贔屓の韓流スターはチャンドンゴンさん。「チング」「ブラザーフッド」「タイフーン」などの映画ですっかりファンになってしまったそうです。

また面白いきっかけに「アンチエイジング」と言う、女性なら誰しも気になるワードもあったうつみ宮土理さん。一瞬、韓国美容に目覚めたのかな?と思いきや、語学の勉強が脳のアンチエイジングにとても効果があるということで、韓流ドラマですっかり魅せられた勢いのまま、本格的に韓国留学して韓国語を勉強しよう!と思ったんだそうです。

凄い行動力ですね。学校は普通に他の人と同じように通ったそうですが、住居はホテルへ長期滞在だったんだそうです。でも、出発の時は特にニュースになったわけではなく、普通に学生生活をエンジョイしたい、学校に取材などが来て迷惑が掛かってもいけないと学校は内緒にしていました。

■関連韓国留学記事
自分に合った韓国留学の語学学校(語学堂)の選び方!5つのポイントを紹介

うつみ宮土理さんの韓国留学を支えたのは夫・愛川欽也さん

うつみ宮土理さんの韓国留学を支えたのは夫・愛川欽也さん

忙しく有名な芸能人であるうつみ宮土理さんが、一般の人と混ざって、60代と言う年齢で韓国留学に行くと決心するにはいろいろと考えなければいけないこともあったそうです。行きたいとは思っていてもなかなか行動に移せないという人が大勢いる中で、素晴らしい行動力だという声もあります。実際に芸能界でも「なぜ韓国留学に行くの?」と決して良い反応ばかりではなかったそうです。

しかし、うつみ宮土理さんの韓国留学を応援し、支えたのは、今は亡き夫の愛川欽也さんだったそうです。留学を決意した時、「えらい!」とうつみ宮土理さんをほめたそうです。

韓流ドラマを通じてうつみ宮土理さんはたくさんの韓国のことを知ったといいます。年長者への尊敬の気持ち、礼儀正しさ、韓国ならではの女性らしさ、男性らしさなど。また日本人として日本と韓国の間の歴史的なことや韓国そのものも知るべきであるとも考えていたそうです。韓国留学と言っても学ぶのは韓国語だけではない、そういったこともひっくるめて実際に飛び込んで韓国を知りたい!と思い、夫の愛川欽也さんにも励まされ留学を決意されたようです。

うつみ宮土理さんは韓国留学でどれくらい韓国語を話せるようになったの?

うつみ宮土理さんは韓国留学でどれくらい韓国語を話せるようになったの?

うつみ宮土理さんは3か月の韓国留学を経て、現在はどれくらい韓国語話せるようになっているのでしょうか。韓流ドラマにハマるまではほとんど韓国語を勉強したことがなく、出発までも簡単な韓国語しか知らないような状態で、全くの初心者レベルだったとご本人は仰っていますが、韓国留学中はもちろん、帰国してからも韓国語の勉強は継続していて、今ではすっかり流ちょうに韓国語を話すことができるというお話です!

テレビでは披露される機会はあまりないですが、旅行や生活をする上ではほとんど困らないようなレベルであるというお話も聞こえるほど。

継続は力なり!ということなのでしょうね。韓国のことをもっと知りたい!と留学に出向き、現地では言葉だけでなく生活を通して韓国を深く体験し、帰国してからもそれを生かしてさらに勉強を続ける。きっと韓国語以外でも、学生生活、海外生活を通じ、たくさん得るものがあった韓国留学だったことでしょう。

うつみ宮土理さんの韓国への愛情、好奇心、行動力、そして継続力は見習うべき点がたくさんあるようです。

■関連韓国留学記事
春休みや夏休みを利用した韓国留学のススメ!学校やプログラムの選び方は?

うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!まとめ

宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!まとめ

うつみ宮土理さんに学ぶ韓国留学のススメ!ということで、なぜうつみ宮土理さんが韓国留学に行くことになったのか、出発前には周りはどんな反応だったのか、また現地ではどんな勉強や生活を送っていたのか、どれくらい韓国語を話せるようになったのかなどを調べて見ました。

帰国してからも勉強を続けるほどうつみ宮土理さんにとって韓国留学がかけがえのない経験となったことは間違いないようです。

韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!

K Village韓国留学は現地韓国にもサポートデスクがあり安心です。そしてEasyKoreanAcademyトトロハウス語学院延世大学建国大学カナタ韓国語学院など大人気の留学先にも多数の実績もあります。

69,800円からの韓国留学。K Village韓国留学は日本最大級の韓国語教室K Village Tokyoが運営。だから韓国にとても詳しい!しかもK Villageは東京証券取引所市場第一部に上場しております、株式会社IBJ(証券コード:6071)のグループ会社。3泊からのプチ韓国留学から長期韓国留学まで、価格と実績、両面でお客様の韓国留学をサポートさせていただきます!!
スタッフ
スタッフ
韓国留学ならK Village韓国留学にお任せください!
LINE@なら韓国留学の質問が気軽にできます!
お友達登録お待ちしています!

LINE@追加

関連記事

  1. 韓国留学で生活費が足りなくなったらどうする?生活費を節約する方法も紹介!

  2. 韓国留学に行ける年齢は?学校(語学堂)やビザに年齢制限はある?

  3. 韓国留学の間の携帯・スマホはどうする?Wi-fi、SIMカードなど必要な契約とその費用は?

  4. 高校生の韓国留学なら夏休みが断然おすすめ!人気の理由や費用・手続きをチェック!

  5. 秋夕(チュソク)でも楽しめる韓国のスポット紹介♪

  6. 高校生も韓国留学!短期高校生韓国留学の費用やプログラムをご紹介

  7. 韓国留学に半年行くと?韓国語はペラペラになる?費用半年分はどれくらい?

  8. 韓国留学で外国人登録証やビザは必要?日本で申請するの?手続きも解説!

カテゴリー

韓国留学コラム

PAGE TOP